当ブログはアフェリエイト広告を利用しています。WordPressテーマはSWELL

おうちでお仕事。光回線、ホームルーターなど家のネット環境を整えよう!!

スポンサーリンク

まずは、家で仕事が出来る環境を整えていきましょう。

必要なのは

  • インターネット環境
  • パソコン

この2つだけです。

目次

パソコン

もちろん、スマホでも可能ですが、サブで使うなら良いですがメインだと結構きびしいです。

やっぱりパソコンがあった方が効率もいいし疲れないので断然いいです。

始めにあまりお金をかけたくない方は中古品のパソコンでも大丈夫。

そりゃ、高スペックのパソコンであればあるほど良いのでしょうけれど、私だって、購入して10年以上も経過している古いパソコンを使っています(;’∀’)

反応が若干遅くなることもありますが、今のところ問題なく使えています。

インターネット環境とは

パソコンがあるだけでは仕事はできません。何が必要かってインターネットにつながる環境が必要なのです。

では、インターネット環境を作るにはどうすればよいのでしょうか。

以下の3種類がありますよ。

結論。おすすめは光回線

えっもう結論言っちゃうの(笑)

はい(;’∀’)。おすすめは光回線ですが、それぞれ自分にあった環境をみつけるため、違いを見ていきましょう!!

まぁ色々あってほんとにややこしいわ。。。

大丈夫。初心者向けに分かりやすくお伝えしますよ。
それぞれメリット、デメリットもあるから一緒に見ていこう!!

光回線(固定回線)

光回線とは、光ファイバーを使った通信回線のことです。通信速度の安定性、高速性に優れています。基本的には工事が必要になります。

有線でパソコンにつなぐ

工事で回線を引き込んだ有線LANコンセントにパソコンとつないだ有線LANケーブルを差します。

  • ケーブルが邪魔になったり、パソコンを使える場所が限定される。
  • 無線と違いやはり安定性、高速性はダントツ
  • 通信制限がない。

無線でパソコンにつなぐ(WI-FI)

今はスマホ、テレビ、洗濯機、ゲーム機もって何から何まで無線(WI-FI)を使う時代ですよね。

家に無線ルーターを設置すれば家中電波の届く範囲ならどこでもインターネットがつながる環境になります。

  • 速度や安定性は有線より劣る。(ポケット型WiFiやホームルーターより安定性があり断然早い)
  • 複数の端末とつなげることもでき、ケーブルもないのでスッキリとした環境でパソコンを使える
  • 通信制限がない

ポケット型WI-FI

モバイルWI-FI、モバイルルーター、ポケットWI-FIとも呼ばれます。

無制限や使い放題といっても実際通信速度も変わらず無制限で使えるプランはないよー。

  • データを使いすぎると、速度制限がかかる。
  • エリアや場所によって通信速度や電波が不安定になる。
  • 回線工事は不要です。持ち運びが簡単で外出先でも使える。
  • 料金も固定回線より安いので1人暮らしの方などに人気。

ホームルーター

最近話題なのがこのホームルーターですよね。

工事不要でコンセントに差すだけでインターネットが使えるというルーターです。

CMで初めて見たときは「なにそれめっちゃ便利じゃーん」と思ったものです。

ただ、これにもやはり、メリットデメリットあります。

プロモーション

  • 外へ持ち運びは出来ない。(auのuq WiMAXのみ外へ持ち運び可能
  • 一定期間に大量のデータ通信を行ったり、回線が混雑する時間帯などで通信速度が落ちる可能性がある。
  • ポケット型WI-FIよりも通信が安定しています。
  • 回線工事不要。固定回線より安い
  • 引っ越し先でも使える

どうですか、自分にあったインターネット環境みつかりましたか?

それでは、実際におすすめの光回線、ポケット型WI-FI、ホームルーターをみていきましょう。

WiMAX(ワイマックス)

WiMAXとは携帯電話の電波ではないIEEEが規格となっている無線通信技術の一種。

日本ではUQ コミュニケーションズが「UQ WiMAX」として提供している。

UQWiMAXには現在、モバイルWI-FIホームルーターの2種類ある。

光回線の会社、プロバイダそれぞれ契約する

光回線を利用するには2種類あります。

利用者は光回線の会社プロバイダーの2社と契約します。

フレッツ光はこの形態です。フレッツ光とプロバイダ(4社から選べます)とそれぞれ契約します。

光コラボのプロバイダだけ契約する

光コラボのプロバイダのみと契約します。

光コラボといってNTT東日本・西日本の提供するフレッツ光の提供を受けたプロバイダがフレッツ光の回線と自社のインターネットサービスをセットにして提供するシステムがあります。

このシステムを利用すれば光回線の会社とプロバイダの2社と契約しなくても、この光コラボをしているプロバイダと契約するだけで光回線が利用できるようになります。

光コラボでおすすめはこちら

プロモーション

光回線の会社とは

NTTのフレッツ光とその他独自の回線を持つ会社があります。

NTTのフレッツ光

プロモーション

フレッツ光

どうやら、近年NTTのフレッツ光は利用者が急増し、混雑時の速度が遅くなる傾向があるようです。

でも、光コラボはフレッツ光だし、老舗で信頼と実績があるから安心だよね。

独自の光回線をもつおすすめの会社

プロモーション

特定の地域では

プロモーション

EO光【関西】

BBIQ【九州】

コミュファ光【愛知、岐阜、静岡、三重、長野の一部】

選び方

eo光やBBIQ、コミファ光が利用できる地域の方はこの独自の光回線を持つ会社を選ぶのがおすすめ。さらにスマホセット割り対象ならもっとお得です。

それ以外の方は、自分の持っているスマホのセット割引が対象の会社にするのが良いと思います。

おすすめの11社を表にしてみましたのでご覧ください。

ちなみに、5人家族の私の家のプランは1ギガですが特に遅くて困るという事はありませんよ。

おすすめを表にまとめてみたよ

光回線

プロモーション

スクロールできます
基本料金(1ギガ)
戸建
マンション
セット割りの
あるスマホ
契約期間特徴

eo光
【関西】
5,448円
マンションによる
au,UQ
mineo
1年から2年関西電力の光回線
関西エリアauユーザー最安

BBIQ
【九州】
5,170円~
4,400円~
UQ2年九州電力の光回線
コミュファ光【中部】
5,170円
4,070円
au,UQ2年中部電力の光回線
評判も良い
6,160円
4,730円
au,UQ3年au,uqモバイルユーザーは
お得。速度は速い
。関西、
中部、沖縄で使用不可
5,200円(2ギガから)
2,090円~※1
NUROモバイル
ソフトバンク
3年SONYの子会社。NTTのダー
クファイバー回線を使用
、安くて速いを実現
5,610円
3,960円
OCN モバイル ONE2年大手、老舗プロバイダーで安心

とくとくBB光
4,818円
3,773円
なしなし料金も安く、快適な速度で
契約期間がなく人気も高い

ソフトバンク光
5,720円
4,180円
ソフトバンク
Y!mobile
2年ソフトバンク、Y!mobile
ユーザーにはお得
5,280円
4,180円
なし2年料金は安めに設定
楽天ポイント還元率UP

ドコモ光
5,720円~(2年契約)
4,400円~
ドコモなし、2年
選択可
ドコモユーザーはお得
minico4,500円
3,400円
なしなし19時から0時まで
速度が低下
※1マンションに導入されていなければ共同で申し込みする必要あり。

ポケット型WI-FI

プロモーション

スクロールできます
基本料金特徴
FreeMax5G レンタル4,800円15日間のお試し期間あり
契約期間なし

とくとくBB ×WiMAX
1~24ヵ月3,553円
25~35ヵ月4,103円
36ヵ月以降4,708円
WiMAXは色々なプロバイダから
出ているがGMOとくとくBBが安くておすすめ
au,UQセット割りあり

ホームルーター

プロモーション

スクロールできます
基本料金スマホセット割り特徴
ソフトバンクAir5,360円(36回払いで実質製品無料)
ソフトバンク、ワイモバイルAirターミナル5になってから
速度が速くなり評判がいい

楽天ターボ
1,980円+製品価格41,580円
(一括、24回、48回から選択)
楽天モバイル支払に楽天ポイントが使える。
楽天ポイント還元率UP!
ドコモhome5G4,950円(36回払いで実質製品無料)ドコモドコモユーザーにはお得

とくとくBB ×WiMAX
1~24ヵ月3,553円
25~35ヵ月4,103円
36ヵ月以降4,708円
au,UQ持ち運び可能。WiMAXは色々なプロバイダから出ているがGMOとくとくBBが安くておすすめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。自分の環境に合った回線が見つかりましたか。

ぜひ自分に合ったネット環境を作ってお家でお仕事してみましょー!!

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
スポンサーリンク

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次